まずは疲労回復の原因追求|疲労物質の生成を抑える方法とは

お年寄り

飲むタイミング

飲料

食物繊維を多く含む大麦若葉を原料とした青汁を飲むタイミングは、明確には決められていませんが、起床時や就寝前に飲むことにより、様々な効果を得ることが出来ると考えられます。何よりも継続するということが大切です。

ムシのようで藻

緑のサプリメント

ミドリムシは藻の一種です。サプリも出ています。植物性と動物性の栄養素を補給することができるので飢餓を救うと言われています。食事のバランスを気にしながらも食事制限ダイエットに活用すると健康的に痩せられるでしょう。

疲労の原因と解消方法

女の人

疲労物質の生成を抑制

運動などで体を使うと、疲労が蓄積していきます。そして運動だけでなく、勉強や仕事などで頭を使うことでも、やはり疲労がたまることになります。それは、体や頭を使うことで疲労物質が作られるからです。体や頭のエネルギーとして使われるのはブドウ糖です。しかし多くのブドウ糖が使われる過程で、うまく燃焼されずに残るブドウ糖も出てきます。それが疲労物質となり、筋肉に悪影響を与え、体をだるさで動かしにくい状態にしていくのです。したがって疲労回復のためには、ブドウ糖をしっかりと燃焼させ、疲労物質の生成を抑制することが必要と言えます。そしてそれを可能とする成分として知られているのが、クエン酸です。梅干しやレモンは疲労回復のためによく食されていますが、それはこれらにクエン酸が多く含まれているからです。現在ではこれらの食品に加え、クエン酸が配合されたサプリメントも、疲労回復に利用されるようになっています。

体に吸収される量

しかし、いくら多くの疲労が蓄積されていたとしても、クエン酸のサプリメントを一度に大量に飲むことは無意味です。なぜならクエン酸を多く摂取しても、その全てが体に吸収されるわけではないからです。過剰摂取した分は、使われないままやがて排出されていきます。したがってその場合は、吸収された分しか疲労回復効果が出てこないのです。疲労が多く蓄積している場合は、こまめにクエン酸のサプリメントを飲むことが大事です。一度に大量に飲むのではなく、体に吸収される量を数時間おきに飲むのです。そうすることで疲労物質が生成されにくい状態が長く続くことになりますし、その間に既にたまっている疲労物質は徐々に体から抜けていきます。このようなサプリメントの飲み方をすることで、疲労回復効果はゆっくりと出てくるのです。

眼精疲労対策

ブルーベリー

インターネット普及率が上がり、モニター画面を見ることが多い現代人は眼精疲労や視力低下に悩まされています。果実や花の色素のことを、アントシアニンといいます。解決策としておすすめなのが、アントシアニンが入ったサプリメントです。