まずは疲労回復の原因追求|疲労物質の生成を抑える方法とは

シニア

眼精疲労対策

ブルーベリー

抗酸化力に期待

パソコンやスマートフォンは、世界的に見ても普及しています。これからも増えることはあっても、減るということはないでしょう。インターネットは、情報の伝達力に優れている魅力的な媒体です。しかし近年では、使用時間が長すぎることで体に問題を生じている場合があります。それは目に影響が、出てきていることです。長時間のモニター画面を見ていることで、眼精疲労や視力低下といった症状を発している人もいます。これらの症状に効果が高いとされているのが、アントシアニンという栄養素になるのです。アントシアニンは、植物界に広く存在している色素のことになります。フラボノイドの一種とされ、抗酸化作用が強く花や果実を彩っているものです。

果実より安価で手軽

アントシアニンを含む果実としては、各ベリー類とナス・黒米・紅芋・小豆・赤シソなどがあげられます。抗酸化という言葉は、すでに馴染みが深い人も多いはずです。老化現象に強い影響力を持つ、活性酸素を減らしてくれる役割を持っているのが抗酸化力になります。つまりアンチエイジングに、効果的な働きをしてくれるのです。では上記にあげた果実などを、毎日食べれば目に関する問題が解決するかというとそれは難しいものがあります。アントシアニンを多く含んでいる食材を、毎日買って保存しておくというのが無理があるからです。果実は冷蔵庫などで、保存しておいたとしても限界はきます。それでも効率よく毎日アントシアニンを、摂取したいのならサプリメントはいかがでしょうか。サプリメントを扱う市場は広くあって、アントシアニンが入ったものも多数あります。現実問題として、本物の果実から摂取するよりもサプリメントを利用すれば安価にすむというのもあるのです。また季節によっては、減少しがちな果実でもサプリメントなら関係なく服用できるのです。